2018/03/12

㉓培養法による口腔の日和見感染菌の検出

【デンタルケアマネ情報局】その㉓
培養法による口腔の日和見感染菌の検出
高齢者は老化やさまざまな全身疾患を有することから感染に対する防御力が低下し、口腔感染への感受性は高まっているものと考えられます。
このような高齢者の口腔感染症が細菌により引き起こされるならば、その予防のためにどのような細菌が口腔に感染しているか調べる必要があります。すなわち口腔感染症にならないように原因となる病原性細菌感染(日和見菌)の有無を検査し、その感染細菌数の多い人は、口腔内から病原菌の排除を行うことであります。
そこでこのようなニーズに対応するために、株式会社ビー・エム・エルにより外注システムの日和見感染菌の検査がスタートになりました。

PDFファイルを開く

15時03分

≪ 日記一覧に戻る


このページの先頭へ戻る